霊園での埋葬を考える

法律がないペット火葬業と大阪での選び方

Published by:

ペット火葬業は、ペット大国となった日本で急激に発展していった職業です。葬儀の手順さえ分かっていれば何とかなるということで、これまでまったく葬儀に関わったことのない人がペット火葬業を担っていることもあります。こうした中には悪質な業者もおり、飼い主との間にペットの火葬を巡ってのトラブルが年々増えているというのが実情です。

こうした背景には、ペットの火葬に関する法が整備されてないということが挙げられます。そのため、業者と飼い主との間になんらかのトラブルが起きても、法律がないため罰することが出来ずに警察が手を出しにくい領域となってしまっているのです。

つまり、業者との間にトラブルが起きないようにするためには、現状、飼い主が自ら気を付けなければいけないのです。

大阪ではペットの火葬を行う業者はたくさんいますので選び方が難しいかもしれませんが、まず一度冷静になり、いくつかの業者へ連絡をして対応や見積もりを比較するとよいでしょう。また、業者の所在地が明確であるかどうかも気を付けて確認しましょう。

その他、インターネットのペット火葬に関するランキングを活用して評判を確認したり、もしも、近所にペットを火葬してもらった方がいれば、実際に利用した体験を聞くのも一つの手です。

ペットは愛する家族ですから後悔しないように業者を選別し、見送ってあげましょう。

ペット

猫をペットとして飼う前にアレルギー検査をしよう

Published by:

猫をペットとして飼う場合、まずアレルギーがないかどうか確認する必要があります。

症状としては、くしゃみや鼻水などが止まらないなどといった風邪のような症状から、目のかゆみや皮膚の赤みなど、酷いものであれば胸の苦しみを訴えたり、喘息のような咳などといった発作による呼吸困難を起こしてしまう人もいます。

そうなってしまうとペットとして飼ってしまってから里子に出すなどといった行動をしなければなりません。
ペットを飼うということは決して簡単なものではなく命のあるものと共に過ごしていくのですから、猫のためにもご自身にアレルギーがあるかどうかを、また一緒に住んでいる家族が大丈夫かどうかも、しっかりと検査などで確認してから飼うことを決めることが賢明でしょう。

コラム

子犬のなかでも人気の性格のパピヨン

Published by:

子犬の中でもエレガントさと快活さを併せ持ったパピヨンはとても人気があります。

もともと鳥狩犬種であるスパニエルの血を引いているパピヨンは、外見の優美さとは真逆の活発さと大胆さを兼ね備えています。
パピヨンは子犬の中でも頭が良く、好奇心旺盛であるといわれていて、子犬の割には神経質さが無い犬種になります。

また、コミュニケーションのとりやすい性格で、訓練生も高いのが特徴です。パピヨンをしつけているとき、話しかけると首を横に傾けて一生懸命飼い主の目を見て理解しようとしているしぐさをします。それはとても愛らしく、飼い主に癒しを与えてくれる表情です。

パピヨンがお座りをしながら片方の前足を少し浮かしているしぐさは上位の者に服従する姿勢を見せている時です。

また撫でてほしい時にも片足を上げる事があります。パピヨンは訓練生が高いことから、甘やかして育てるよりもきちんとしたしつけをした方が、本来のパピヨンの性格には合っていると言えます。

コラム

初めのペット?

Published by:

パピヨンを初めペットして家に迎え入れた子犬はしっかりと躾を施さなくてはいけないのはもちろんですが、飼い主として適度に遊びに付き合ってあげることも非常に重要です。

子犬のうちは自分で調整出来ないため遊ぶ時間を飼い主が決めたほうが無難であると言え、パピヨンのような室内で飼うことに適している子犬の場合であっても運動と躾の両立が行なえる遊び方を取りコミュニケーションを図るべきだと言えるのです。
疲れさせない程度にパピヨンを遊ばせ、その中で悪いことをしたらしっかりと躾けるというのが重要になってきます。

まず準備としてパピヨンに噛まれたら困るものを子犬の手では届かない場所に置くなどの工夫を施すことから始めるといいでしょう、そして遊びの中で噛み付いてもいいものとそうでないものをゆっくり教えていくというのが理想なのです。

子犬の内のパピヨンはケージの中に入れて育てるといった家庭が大半です、ケージから出して遊ぶ場合1回20から30分程度の時間の時間といったように限定してパピヨンが体力を消費しすぎないよう注意を払うべきだと言えるでしょう。

まだ成長してきれていない犬は遊びたいという気持ちが前面に出すぎてしまい体力を消費させてしまった状態であっても遊んでほしいと飼い主にアピールしてくるものです、飼い主としてまだ小さなパピヨンともっとコミュニケーションを取りたいと思っていても一度に30分以上遊ばせるのは危険だという認識をしっかり持って休憩を適切に与えることを忘れないでください。