子犬のパピヨン(ペット)との遊び方とは » パピヨンは生後どのくらいの子犬を購入するべきか

パピヨンは生後どのくらいの子犬を購入するべきか

パピヨンの子犬を購入したいと思うのであれば、生後何か月くらいの子犬を購入するのが理想的なのでしょうか。例えば、生後一か月くらいのパピヨンであれば、とても小さくて愛らしい姿をしているものです。

タイミング

しかし、いくら月齢が低い方が可愛いからとは言っても、まだ生まれてから一か月くらいしか経っていないパピヨンを購入するよりは、生後二カ月から三カ月くらいのパピヨンにしておいた方がいいでしょう。それというのも、生まれてから二、三か月くらいまでは、母犬や兄弟達と一緒に過ごしておいた方がいいからです。

母乳の関係もありますし、兄弟たちと遊んでおくことも重要なことになるからです。あまりにも早いうちに母犬たちから離されてしまったパピヨンと比べると、健康面や社会性も優れているようになります。

理想的

ですのでいくら小さい方が可愛いからと言っても、生まれて間もない子犬のパピヨンを購入するよりも、少し大きくなってきたパピヨンを購入した方がいいでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です