子犬のパピヨン(ペット)との遊び方とは » 子犬から成犬パピヨンになるまでの成長過程を知る

子犬から成犬パピヨンになるまでの成長過程を知る

パピヨンの名前の由来は、昆虫の蝶。

これは耳の形が蝶に見えることもありますが、実はパピヨンの成長過程が蝶のように変化することからも来ています。

変化

子犬のパピヨンは、ふわふわコロコロしていて実に愛らしい姿をしています。

しかし、その子犬時代はわずか3ヶ月ほど。4ヶ月を過ぎる頃からその毛が抜け落ちてしまい、脚が伸びてくる時期とも重なるため、パピヨンの姿は、ひょろっとしていて毛がなく、不格好な感じになってしまいます。初めてパピヨンを飼う人は、子犬の頃の姿とのギャップに驚き、皮膚病ではないかと獣医に駆け込む人も少なくないようです。

しかし、これは一時のことで、7ヶ月くらいになると自然に体の毛も伸びてきて、パピヨンらしさが出てきます。ただ、この毛がどこまで伸びるかは個体で差があり、華麗な姿のパピヨンになるまでには1年から3年かかります。中には毛が短いままになる事もあります。これは、日常の毛の手入れなどでも左右されることなので、美しい姿のパピヨンを育てるためには、日頃から手をかけてあげることが必要です。

特にその特徴になる耳の毛は切れやすいので、日頃から注意を払ってください。

美しく

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です