子犬のパピヨン(ペット)との遊び方とは » パピヨンの子犬の世話をするにあたり

パピヨンの子犬の世話をするにあたり

注意して

パピヨンの子犬を飼い始めたばかりの時期は目を離さないようしっかり世話をしましょう。

食事は、生後60日前後のパピヨンには2週間ほどのあいだはお湯でふやかしたドッグフードをさましてから与えます。

パピヨンは元々少食な犬なのでなるべく食事に集中するよう、離れたところで見守ります。

また子犬を迎え入れたばかりの時に構いすぎてしまうとパピヨンが人と遊びたくてご飯はそっちのけになってしまうので最初の数日はなるべくゲージの中で世話をします。
ゲージの中におもちゃをいれると、パピヨンの子犬がまだなれない環境でうけるストレスの発散になります。

ちなみに、ゲージは直射日光があたらないところに設置しましょう。パピヨンはデリケートなのもあり、万が一日光にあたりすぎると熱中症にもかかりかねません。

通気性の良い、適温な室内で飼いましょう。またパピヨンは散歩も好きなので外の音になれてきたら少しずつならしながら外出してみましょう。

少しずつ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です